高く売れない金券とは

換金率が低い傾向にある金券の特徴

使わない金券があるなら、金券ショップで買い取ってもらえます。中には高値買取が期待できる金券もあって、眠らせておくよりは売った方がいいかもしれません。ただし金券といってもその種類は千差万別で、中には高く売れない金券もあるため注意が必要です。金券が高く売ることができるかどうかは、換金率に注目すると参考にできます。 例えば金券の中でも、利用目的が定まっているタイプのものは換金率が低い傾向にあり、高値の売却は難しいです。また使用できる期限が定まっている場合でも、金券の買取金額は下がります。金券ショップとしては期限内に買い取った金券を売ってしまわなければならず、リスクを考慮して買取金額が下がる傾向が強いです。

保存状態により買取価格が変わる金券

通常であれば高い値段で買い取ってもらえる金券も、必ずしも高値で売却可能なわけではありません。売る予定の金券の状態により、買取額が下がってしまう場合が考えられます。 買い取ってもらう予定の金券は、できるだけ元の状態を維持するのがベストです。金券が汚れていたり一部が破れていると、買取額が下がってしまいます。金券を使用するため持ち歩いている間に、折れたり曲がったりすることも珍しくはありません。そのような金券も、金券ショップによっては買取の評価が下がってしまう恐れがあります。そこで金券を高値で買い取ってもらうため、保存状態には普段から気を配った方が賢明です。手に入れた金券はケースに入れて保管するなどの気配りが高値買取に効果があります。